カバドリラティ

カバドリラティver2.0


カバルドン@オボンのみ
じしん/ステルスロック/あくび/ふきとばし

ドリュウズ@ヨプのみ
じしん/アイアンヘッド/いわなだれ/つるぎのまい

ラティオス@ドラゴンジュエル
りゅうせいぐん/めざめるパワー(炎)/めいそう/みがわり

ハッサム@オッカのみ
バレットパンチ/とんぼがえり/ねごと/はねやすめ

キノガッサ@どくどくたま
きあいパンチ/マッハパンチ/きのこのほうし/みがわり

スイクン@みずのジュエル
ぜったいれいど(なみのり)/ハイドロポンプ/れいとうビーム/しんそく


カバドリですが、今回は、殆どの構築に対してカバドリラティ選出で勝てる究極系というものを目指すようにしてみました。
まず究極系を目指すにあたって、どうしても邪魔となるのは
・ラティを受けられ、追い打ちでサイクルをつぶすポケモン+ガッサやブシンのような高火力先制格闘技で潰してくる並び
・脱出雨
・2~3体の先制技でドリュウズを潰し切る構築(対面構築)
このあたりがどうしても従来のカバドリラティではカバドリラティ選出し辛い面子でした
そこをラティオスとドリュウズを汎用性を落とさない形で回答を出しつつ、カバドリラティ選出し易くしたのがこの記事で書かせていただくカバドリとなります。バンギローブだろうと、対面構築だろうと、雨だろうと、カバドリラティを出して行けるようになっています
この形にしても無理なノオー入り、カバドリミラー、レパドー等を考えた結果結局らみるーさんのカバドリの面子で落ち着きました。
基本選出はカバドリラティで、その選出が無理そうなら別の選出で対応するという、至極簡単な選出ギミックを持ってるので、万人に扱いやすいものとなっていると思います

以下、個別解説


カバルドン@オボンのみ
215(252)-132-160(60)-**-117(196)-67
じしん/ステルスロック/あくび/ふきとばし

いつものテンプレオボンカバルドン
こいつを1回使うとこれ以外のカバは使えなくなります
ただ、究極系を目指すという意味では眼鏡ウルガや眼鏡ドランのオバヒで吹っ飛ぶのはどうかと思うので慎重HD特化カバにしてもいいのかもしれません

技構成で氷の牙が欲しいことがまれにありますが、それが欲しい場合、抜くのは欠伸になると思います。地震はこのカバドリミラーに薄い構築において対ドリに対して打点を持てるポケモンを少しでも多く確保したいので抜けません。吹き飛ばしも非常に便利でカバルドンが毒玉ガッサの起点を回避したり、身代わりを相手に残させない等、起点になるのを回避する際、とても重宝するので吹き飛ばしは切れないでしょう。欠伸を切ると、初手ラム以外のパルやマンムーを欠伸で流す→ステロを撒くという流れができなくなってしまいます。そこを他でカバーできるのならば氷の牙でもいいと思います。



ドリュウズ@ヨプのみ
185-205(252)-86(44)-**-85-135(212)
じしん/アイアンヘッド/いわなだれ/つるぎのまい

言わずもながパーティのエース

舞ってしまえば、ローブシンやキノガッサに背中を見せることのない漢らしいヨプドリュウズ
Bにしっかり振ったローブシンだろうと高確率で落とせるように意地っ張りでの採用
こいつの処理をブシンやガッサに依存してるパーティはカバドリラティでだいたい勝てます
こいつの最も苦手なポケモンはスイクンなので、スイクンを選出された場合、如何にこいつをうまく削るかということを考えて立ち回ることが大切だと思います
技構成は特に言うことなく最も範囲を取れると思ってるじしん+なだれ+アイヘの構成

努力値はAをぶっぱすることで少しでもローブシンに対するダメージを上げました。Sは最速パルシェン抜きまでに留めて残りBに振ることで少しでも先生技の被ダメージを抑えられるようにしました。特に調整先は存在しません。がこれでも色々耐えてほしい攻撃は耐えてくれるのでこれ以上Bを伸ばす必要はないと思います。
・ステロ+グライオンのA115地震を最高乱数切って1耐え
・ハッサムの鉢巻バレパン+テクニガッサの珠マッパ(ヨプ込)のダメージ:162~192
・ハッサムの鉢巻バレパン*2+A176毒玉ガッサのマッパ(ヨプ込)のダメージ:156~197
確定耐えではないですが、高乱数を連発されない限りは対面構築にありがちな鉢巻きハッサム+毒玉ガッサの並びを拘りバレパンしてるハッサムに死にだしから崩せるようになってます

ローブシンに対して勝てる確率をあげるためにSを最速にできなかったため、対カバドリに対しての駒にはなれないために対カバドリミラーの際はスイクンガッサやカバでどうにかしていくことになります。


ラティオス@ドラゴンジュエル
159(28)-**-104(28)-181(248)-131(4)-170(200)
りゅうせいぐん/めざめるパワー(炎)/めいそう/みがわり

カバドリと相性がよく自身もエースとなれるカバドリのお供

最近カバドリに入るラティによく見るが多くなった瞑想身代わりのドラゴンジュエルラティオス
カバドリと合わせて、雨や対面構築に対してかなり強気に立ち回ることができます
身代わりによって毒玉キノガッサを死に出しから起点にできるようになってます。きあPガッサには択が発生するので気合で勝ちましょう。
技構成の意図に関しては身代わり龍ジュエル入りカバドリ先駆者の方が詳しく説明していると思うのでそちらを見て頂けるとわかりやすいと思います。

努力値はSを最速ガブ抜きまで振り、Cぶっぱ、残りをHBに割くことで先制技耐性とガッサの嵌めループ回避の確率を少しでもあげるようにしました。Sは177欲しいと思う場面はあまりなくむしろこの耐久に助けられた場面の方が多かったので配分はこれで間違ってないと思います



ハッサム@オッカのみ
175(240)-179(100)-121(4)-**-121(164)-63
バレットパンチ/とんぼがえり/ねごと/はねやすめ

ノオースタン、レパドーメタ、ラティ、カバ(欠伸ループ抜ける)等に対しての駒

最鈍の寝言持ちハッサム
寝言を持たせることでガッサ耐性の強化、レパドー系統の構築に対する回答を出しています
最鈍の理由はハッサム対面で後攻蜻蛉を撃つ、カバの欠伸ループ脱出等を考えてです

配分で最も意識したのはユキトドガブの存在。如何にノオーの吹雪+ガブの逆鱗の被ダメを減らしつつ、トドの身代わりを割るかということを意識しました。結果Hは霰ダメを抑える16n-1にして、208-145トドの身代わりを蜻蛉で13/16の確率で割れるまでAを伸ばし、残りをDぶっぱすることで吹雪の被ダメを抑えるという形に収まりました。ハッサムからガッサを出して展開することでうまくユキトドガブには対応していきたいところ
また、Aを伸ばすことで霰以外に選出した際も、蜻蛉バレットのダメージが馬鹿にならないため、そういった意味でもAに振ったオッカハッサムは強かったです



キノガッサ@どくどくたま
155(156)-176(76)-101(4)-**-91(84)-114(188)
きあいパンチ/マッハパンチ/きのこのほうし/みがわり

主にカバドリミラー、ノオースタンに対して出すことが多い。またカバドリラティが刺さらない相手等に投げるなどこの構築の裏択となっているポケモン。選出圧力としているだけでも十分強かったです

技構成はハッサムやスイクンと連携してダメージを蓄積させて相手を処理するという流れができドリュウズに対しての貴重なダメージソースとなるマッパ、身代わりから入ることでラムウルガ等に対して致命打を与えて次のサイクルを許すことがない気合パンチ、残りは毒玉ガッサのテンプレ。。相手へのダメージ蓄積とドリュウズ耐性が一番の目的なのでこのキノガッサは毒玉ではなく鉢巻でも問題なく動くと思います。自分は毒玉ガッサが好きなのでそちらを採用してます

配分はSを削ることでAと耐久を両立した毒玉のきあマッパガッサ
ASきあマッパよりも耐久があり、早いポケモンでもワンチャン起点にしていける性能を持っているためASよりも扱いやすかった
グドラの眼鏡龍波動やガブの逆鱗を耐えて胞子で無理矢理眠らせられ、更に火力もあるため、Sと耐久両立したガッサよりも崩し性能が高いのがとても扱いやすく強かった。

カバドリの刺さりづらい面子に対して投げることが多くカバドリに厚く選出しすぎてる相手に対してガッサがそのまま3タテしていったなんて対戦もしばしばあり、毒玉ガッサの強さを改めて痛感した



スイクン@みずのジュエル
借り物のため詳しい配分省略(HCベース)
ぜったいれいど/ハイドロポンプ/れいとうビーム/しんそく

ウルガモスにカバドリ選出を縛られない、対カバドリミラーに強い、ローブシンと撃ちあい性能がある、雨に圧力をかけられる等カバドリが欲しかった要素をしっかり持ってるポケモン
一番の採用理由はウルガパルの並びに対して後出しからでも確率は絡むものの勝てるというのが魅力的だったためです。

技構成に関しては、ジュエンプでさまざまなポケモンと撃ちあいができるためドロポンは確定、冷凍ビームでカイリューやガブに対して打点を持て範囲も優秀なため冷凍ビームも確定、神速はミリ耐えしてきた相手やドリュウズに対して強くなれる等、非常に便利な技なので抜けません。絶対零度は正直要らなくてその枠はミラーコートやめざ電、波乗りがはいった方が安定して使いやすいと思います。本当に絶対零度撃ちません




ドリが有利に動けるポケモンをラティオスが誘い、ラティが起点にできるポケモンをドリが誘うのでこの相互互換から積みサイクル的な動きができるのが非常に強力でした
このラティ+ドリの組み合わせのカバドリで殆どの相手にカバドリラティを出せるようになっています。

その他の選出パターンを簡単に書いていくと

カバルドン ラティオス ハッサム
一部の雨や霰に対して

カバルドン ドリュウズ キノガッサ
バンギローブクレセのような構築にワンチャン、あと面子が辛いけどガッサから展開できそうなノオー入りに対して

カバルドン ドリュウズ スイクン
スイクンが撃ちあえそうなポケモンが多く、スイクンやガッサがいなかった場合

ラティオス ハッサム スイクン
ラティハッサム軸で崩す際、邪魔なウルガ等をスイクンで制する場合

ハッサム キノガッサ スイクン
カバドリラティのどれもが刺さらない場合や、ボルトロスのいないカバドリミラー、雨に対しての別の回答。ガッサの嵌め、スイクンのタイマン性能を軸にハッサムを盾にしながら相手を倒し切る選出。地味にこの並びが強い

ラティオス ハッサム キノガッサ
一部のノオースタンに対して割と出すことが多い

カバルドン ハッサム スイクン
レパドー系や、レパエーフィガッサ等レパがいる場合はカバハッサムで崩すことがおおい


こんな感じでしょうか。このあたりはまぁ慣れてくるとどういう風に出せばいいとかの要領がわかってくるはずです。ドリュウズは単体では出せないのでピンで出すことはありません
自分が選出する場合は、カバルドンがいた場合はカバ先発、ハッサムがいた場合はハッサム先発、ハッサムカバ同居の場合はカバ先発を優先というようにカバorハッサムをほぼ先発で出していたと思います。本当にたまに先発でラティを出しますが、殆どの場合はハッサムかカバで大丈夫です(基本的にハッサムとカバをどっちも出さないということがない)
選出をしっかり見極めて立ち回りミス等しなければ非常に安定したカバドリだと思います。


何か質問等あればコメントにてお願いします。最後まで読んでくださりありがとうございました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろもち

Author:くろもち
ポケモンBW2シングル6350やってます


twitter:curoGMmt

QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示