ユキトドガブ

ユキトドガブver.1

ユキノオー@きあいのたすき
165-**-95-158(252)-112(52)-105(204)
ふぶき/くさむすび/やどりぎのたね/まもる

トドゼルガ@たべのこし
208(180)-**-145(172)-115-110-105(156)
ぜったいれいど/ふぶき/みがわり/まもる

サンダー@こだわりめがね
175(80)-**-105-176(120)-118(64)-151(244)
10まんボルト/めざめるパワー(飛)/ボルトチェンジ/ねっぷう

ガブリアス(さめはだ)@こだわりスカーフ
183-200(252)-116(4)-**-105-154(252)
げきりん/じしん/ストーンエッジ/つばめがえし

メタグロス@オボンのみorシュカのみ
187(252)-187(116)-151(4)-**-128(140)-91(4)
しねんのずつき/アームハンマー/れいとうパンチ/バレットパンチ

バンギラス@こだわりはちまき
207(252)-201(228)-130-**-124(28)-81
ストーンエッジ/かみくだく/ばかぢから/おいうち


一度挫折したことのあるユキトドガブを主軸とした構築。
シラタキさんのブログを見て感銘を受けもう一度組んでみました。シラタキさんのブログを見る以前からバンギ入りユキトドガブは考えたといえば考えたのですが、自分のユキトドガブというパーティへの考え方の根本的な間違えから使ったは使ったもの扱い方が分からずお蔵入りとなっていましたが、ユキトドガブを選出するかの見極めを行えるようになってからはパターン化できる選出、最後まで勝筋を残すトドの強さを如実に体感できるようになったので非常に使い勝手はよかったです。ですが、ある程度の致命的欠陥がある感はどうしてもあるので、そこを割り切ることができないと使うのは難しいといった印象でした。
それでも11/17日に行われた九尾杯で優勝できたパーティということで強さの証明はできたと思うのでとても満足です。

以下、個別解説


ユキノオー
この構築の軸となるポケモン
…とは言うものの非常に弱い。襷がなくなるだけで殆どのポケモンに負けるわ、天候の取り合いには勝てる事少ないわで単体性能が散々なポケモン
主な役割は行動ができた場合、やどりぎまもるによる定数ダメージにより鋼を削ったり、吹雪で削ったりしたりしてガブリアスの逆鱗の一貫性を作る、襷を使って相手のドラゴンやボルトロスに11交換を仕掛ける等。
ユキトドガブの選出をした場合、対天候にも対無天候にも言えることですが、相手の起点にならず、さらに捨てるタイミングを見計らうのが大事です。本当にこいつの扱いが難しいので言葉で説明し辛いです。すいません
Sのラインはトドと同速にすることで無限を起動する目印になればいいなといった感じで105に設定しました

トドゼルガ
パーティのエースっぽい枠
こいつの強さを説明するのがとても難しいのですが、一つだけ言えるのはこのポケモンの前では耐性優位とか不利とかそういったものは殆ど無意味に等しいということです。
技構成は吹雪があることで相手のラティオスやボルトロスに打点を持てる、身代わりを貼った状態ならキノガッサを倒せるので吹雪を選択。波乗りにするとグライオンに勝てるようになりますが、キノガッサに対する解答が減るのは流石にきついので波乗りを入れられませんでした。ユキトドグライみたいな構築ならば、波乗りを入れられると思います
努力値振りはテンプレなので省略(◞‸◟)

ガブリアス
パーティのエース
相手をユキトドで疲弊させた後、逆鱗を一貫させて勝つのが一つの強力な勝筋として機能します
つばめがえしの採用理由は対面ガッサに対して無償で倒せる技として。
ストーンエッジは相手のウルガモスやボルトロスに逆鱗を撃たずに処理するときに撃ちます。使用頻度は地震より高いです
性格は意地っ張り一択。陽気スカーフは火力なさすぎだったので自分には使えませんでした。
特性を鮫肌にすることで定数ダメージを増やし、ユキトドと合わせて逆鱗の圏内に入れやすくしました。ですが、接触技を受ける事はすくなかったので、バンギ入りに勝筋をより残しやすくする砂がくれもいいかもしれません

サンダー
ユキトドガブの潤滑剤とよく言われますが、まさにその通りです
ユキトドガブを強烈にメタしたパーティには大抵初手サンダーのボルトチェンジから展開すると対戦を優位に勧められることが多かったです
10まんボルトの採用理由は相手のスイクンに居座り撃てる電気技として。キュウコンクレセみたいなパーティにもクレセをバンギで削ったあと10まんボルトでゴリ押しすることがまれにありました

メタグロス
ここまでで勝てないパルシェンへの回答としてメタグロスを用意
ローブシンじゃないのは最近HA珠の構成をしたパルシェンが非常に多く、ローブシンだとHBにかなり割いてオボンを持たせないと珠パルを受けきることができないからです。
またユキトドガブに一貫するローブシンをサンダーと一緒に圧力をかける役割も担っています。
持ち物はマンムー入りに対して選出の幅を広げたいならシュカ、マンムーを意識しなくていいなら、サイクルをより多く回せるようになるオボンでいいと思います。正直拘ったメタグロスでもいいような気がします。グライオンにワンチャン持たせられるようになるので

バンギラス
主に相手のキュウコンクレセ、クレセドラン、ノオーミラーに対して出していくポケモン。ラティオスに対して後出しして行ける枠でもあります
おいうちでクレセリアを削ることでガブリアスの逆鱗を一貫させたり、ばかぢからでノオーガブのガブに大きな負担をかけていくことが多いですが、専用選出のようなものなので選出回数は少なかったです


選出パターン:
これが一番ユキトドガブで重要な位置にあるものだと思います
完全にパターンで選出を決めていきます

ユキトドガブ
基本選出

ここから特定のポケモンがいれば選出を変えていくことになります

パルシェンがいる場合
メタグロスを確定させる

ウルガモスがいる場合
ガブリアスを確定させる

キュウコンクレセやクレセドランの組み合わせやノオーがいる場合
バンギラスを確定させる

ユキトドを出せないパーティの場合
サンダーを確定させる

もうちょいあると思いますが、だいたいこんな感じでパターン的に決めていきます


キノガッサに対してもユキトドガブを出していきます。その場合初手ガブを投げてガッサと対面したらつばめ、しなかったらユキノオーを出して、トドでうまく無限を起動して、ガッサに身代わりを残した状態で対面させて吹雪を撃つという立ち回りをすることが多いです。その選出をし辛いヒードラン入りのガッサみたいなパーティにはそもそもサンダーガブから出していけばいい話になります

長々gdgd書きましたがいろんな欠陥もあります
構築単位で無理なポケモン
・臆病ウルガモス
・グライオン
絶対に勝てません。当たったら諦めましょう

きついパーティ
・バンギムドー
絶対零度をバンギにブチ当てるしかありません
・キュウコンクレセガッサ
キュウコンクレセを崩すバンギがガッサの起点になる。テクニガッサであることを祈りましょう


だいたいこんな感じです。
すごく実戦向けなパーティで非常に説明が難しいですが、使ってみれば強さが分かると思います
質問等あればコメントください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> こんばんは。 
> では実際の努力値はH252 A116 B4 D132 S4でしょうか?

そうなりますね
ずさんなブログですいません(◞‸◟)

No title

こんばんは。 
では実際の努力値はH252 A116 B4 D132 S4でしょうか?

Re: No title

あー、Dの値1多いですね;-^
実数値をうろ覚えで記事書いてるので配分が間違ってる等のgdgdがあってすいません。

ご指摘ありがとうございました!

No title

こんばんは。初めまして
質問なのですがメタグロスの努力値の配分を計算すると合計が516になってしまうと思うのですが、実際の値はどうなるのでしょうか?

よろしくお願いします。
プロフィール

くろもち

Author:くろもち
ポケモンBW2シングル6350やってます


twitter:curoGMmt

QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示